So-net無料ブログ作成
検索選択

NC700X DCT/Type LD [バイク]

と、言うことで、

HONDA NC700X DCT/typeLDの紹介です。

NC700Xは、HONDAの世界戦略車、今年の2月発売の新型車種です。

HONDAの紹介ページ
http://www.honda.co.jp/NC700X/

どんな車種かと言うと、↓
NC700X.jpg

こんな感じのバイクです。

『Take・Mid・Easy』を基本コンセプトにした、大型バイク

大きすぎず、小さすぎず、ちょうど良いサイズといったところでしょうか。

気軽に乗って、気軽にツーリング、といった感じのバイクです。


車体価格も、シリーズ最安値のNC700Sで、598,000円より、
もちろん新車価格です。

さすけの買った、NC700Xでも、649,950円からと、
CB400 SUPER FOURの750,750円より、随分低価格になってます。

すごく良いでしょ、
HONDAの400CC主力バイクより10万円以上も安い設定って。。。

さすけの買ったDCTタイプでも、メーカー希望小売価格 752,850円です。


で、NC700X DCT/TypeLD ですが、
まず、DCTについて、

DCTとは、『デュアル・クラッチ・トランスミッション』の略
6速あるミッションの内、奇数段(1・3・5段)用と、偶数段(2・4・6段)用の
クラッチをデュアル(2個)装備し、ギアの切り替えをコンピュータで制御し、
走行状態によって、全自動で切り替えていくという、優れもの。
もちろん、クラッチの制御も、コンピュータ制御です。

むずかしい事は、説明しきれないので、HondaのHPより DCTの解説ページ
http://www.honda.co.jp/tech/motor/dct/

Hondaの技術解説書はこちら
技術解説書DCT.pdf


まぁ、簡単に言うと、オートマチック・ミッションのバイクと言う事ですが、
単なるオートマとは違うようですね。

 

次に、TypeLDですが、
こちらは、単純に、さすけみたいな短足用ってこと(-ω-)/

つまり、LDとはローダウンって意味です。
標準タイプより、シート高で、30mmほど低くなってます。

で、このTypeLDになると、ちょっと曲者で、この車種のみ受注生産。
毎月10日の受注締めで、翌々月の生産になるとの事。(2012年7月現在)

さすけの場合も、6月末の注文で、9月の納車。。。
えぇ、2カ月半待ちました、その間は、妄想がモンモンと・・・


と、いうことで、9月の中旬、頼んであるいつものバイク屋さん、
ふじ鎌モータースさんに入荷したと連絡が。。。

2日後、まだ出来たてホヤホヤのバイクを見にいくと、ありました、
さすけのNC700X DCT/TypeLDが、、、

IMG_0184.jpg

とーぜん、新車ですから走行距離は 0Km!
IMG_0182.jpg

さすけが見に来るってので、
ふじ鎌のお兄さんが、バッテリーつないでおいてくれました。(*^^)v

で、オプションがいっぱいあるので、納車は10日後。

つけたオプションはと言うと、
①バニアケース29L一式 ②ナローバニアパネル ③トップボックス45L
④アンテナ別体タイプETC ⑤スポーツグリップヒーター ⑥センタースタンド
そして、⑦チェンジペダルキット


作業には、丸々1日半ほどかかる様子です、
あと、さすけの休みの関係で、10日後に。。。

9月23日 めでたく納車の儀

その時の写真を、ふじ鎌さんのブログから、写真拝借で。。。
d0035444_21195853.jpg

d0035444_212076.jpg

d0035444_21214689.jpg

3枚目は、前回の記事で使った写真とちょっと違いますけど。


で、何故、写真拝借かと言いますと。。。

あっ、別にカメラ忘れた訳ではないですよ、ちゃんとカメラは持っていっきました。
ただ、前日の夜に充電したバッテリーをちょっと。。。(-ω-)/

と、いうことで、納車の日のさすけの写真は借りものです。

その時のふじ鎌さんのブログ ↓
http://fujikama.exblog.jp/16898088/



そして、さすけの写真は、翌日朝一番
IMG_0206.jpg

バニアケースをアップで
IMG_0208.jpg

で、そのまま、Kiyorin(さすけの奥さんね)と、慣らしツーリング。。。

およそ、片道100Kmの明宝温泉へ、
エンジン回転を、3000rpm以下に抑えながら、行ってきました。

途中、Kiyorinとバイクを交換しての写真。
IMG_0213.jpg

途中のサービスエリアにて、
IMG_0216.jpg



高速を郡上八幡で下り、心地よい山道を走って、明宝温泉へ、

IMG_0225.jpg

温泉でゆっくりした、初ツーリングでした(*^^)v

えーっと、その時の内容も、ふじ鎌ブログに紹介されてますので、そちらで。。。
http://fujikama.exblog.jp/16909736/

 

 

で、バイクの感想は。。。

やっぱりデカイです、でもちょうどイイ感じです!

まだ、さすけも含めて、慣らしが終わってないので、詳しい事は言えませんが。


でも一つだけ確実に言える事は、
DCTってイイ!

こんなにイイとは、予想外です(*^^)v

街中を走ってるときと、高速道路と、また、山道を走っている時と、
同じDモードで走っていても、シフトチェンジのタイミングが違います。

峠道は、よりスポーツモードに近い走りをしてくれます。
それが、Dモードの『走行状態判別制御』という物なんですね。。。

詳しくは、技術解説書DCT.pdf ←をクリック


あと、クラッチのコンピュータ制御!
このクラッチ、半クラッチが上手すぎ!!

間違いなく、さすけの半クラより上手ですね。
ほとんどショックなく、スッとつながります、Hondaさんの技術凄いって感じです。


どっちにしても、楽しすぎるぞ、
HONDA NC700X DCT/typeDL



記事が長くなってきましたので、今回はこの辺まで。

本格的な、インプレッション記事は、慣らしが終わってしっかり走れるように
なってからと、思ってますが、

会社の休みが待ち遠しいこの頃って感じです。。。(*^^)v




IMG_0182.jpg

最後まで読んでいただいてありがとうございます。。。
にほんブログ村ランキングに参加してます。
下のバナーをポチッとしていただくと、
キャンピカグカーや射撃、バイクの
人気ランキング上位のブログ
に行くことができます(笑)
それに、さすけも嬉しいです(^^♪

↓ ↓ ボチッとな
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 5

たかちゃん

フル装備のパニアな
お姿~

エエですね(・∀・)フフフ

夜道を楽に♪っとフォグランプを
オプションにしましたが、
タンデムする機会が増えると、

トップケースだけでも・・・
冬の賞与に期待デスwww(; ̄∇ ̄A
by たかちゃん (2012-10-02 02:05) 

おとうたま

をぉ!とうとう乗ってきたのですね。

これでまた病状回復もターボがかかってよくなりますな。

で,次はこれにデコトラ仕様の電飾をふんだんに盛り込むのですね!
今時ですからLEDはもちろんですよね!
「日の丸」と「なめんなよ」は定番ですよね!
あと「鯉」とか「桃太郎」なんかもよいかもしれません。

はやく装着できると良いですね。
あ,さすけっちの所轄警察には先に一報入れておきますね!
「あきらかに車検通らないアホみたいな電飾のバイクが・・・」って。。。

どこかの報道で取り上げられるのを心待ちにしております。

かしこ。
by おとうたま (2012-10-02 08:13) 

さすけ

たかちゃん
フォグランプいーですね(*^^)v
さすけも付けたいのですが、フロントサイドパイプと両方になるので、
ちょっと予算がね~

やっぱり、冬のボーナスに期待ですかね。。。
ちなみに、純製のLEDフォグ、明るいですか?
by さすけ (2012-10-03 19:17) 

さすけ

おとうたま
ありましたねー一番星とか桃太郎とかね。。。
あれはたぶん、昭和50年くらいの話でしょ、
歳がばれますよ、歳が、

それに、今回のマシーンはあくまでも、リハビリ用です!(←まだ言ってる・・・)
by さすけ (2012-10-03 19:21) 

零式ライダー

初めまして、零式ライダーと申します。
NC700X Type LD DCTに最近乗り始め、ブログを拝見致しました。
センタースタンドをネット通販(送料込み¥7500)で購入し、自分で取り付けました。
ブログ等で、「スプリングの取付けに難儀」との投稿を幾つも読み、自分なりの方法を考え、一人で作業して、成功と呼べる結果を得ることができましたので、自力取付けをお考えの方に参考になればと、投稿させて頂きます。
スタンド本体及びスプリング・フックの取付けは、至って簡単なため、問題のスプリングの取付け法のみご説明致します。
▲準備するもの:1~1.5mm径のワイヤー1m(ホームセンターで100円台)、長さ1m位の棒(私は、庭仕事に使っているクワの柄を使用)。
▲作業準備:①スタンド本体及びスプリング・フックの取付けを完了させる。②準備した棒の先端を、後輪の地面に最も近い付近のスポークに引っ掛ける(スポークに傷が付かないよう、ウエスをかませる)。③大と小のスプリングを、スプリング・フックに掛ける。④ワイヤーを大と小のスプリングに掛け、反対側を棒のスポークから10cm位の位置に掛け、長さを調整して結ぶ。
▲本作業:スプリングの近くに腰を下ろし、左足で棒を押して、テコの原理でスプリングを引っ張る。腕より遥かに強い足の力でテコを作用させるため、難なくスプリングを引っ張る事ができます。お怪我のないよう、ご作業ください。
☆センタースタンド(700X、750X共通)の商品番号のご注意:08M70-MGS-J10(Type LD用)、末尾-J30(LDではない車種用)ですので、ご確認ください。

by 零式ライダー (2014-07-09 10:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る