So-net無料ブログ作成

中級者 射撃研修会 [射撃]

いまだ、射撃初心者の域を出られない さすけでございます。

しかし、いつまでもクレー射撃界の底辺を支えている訳にはいけません。

さすけに、いわゆる師匠として、射撃のいろはを教えてくれる方もなく・・・
射場で見かけた、上手な方のフォームを真似してみたり、純射撃系のブログの
記事を参考に撃ってみたりと、いろいろあがいておりますが、
クレーの撃破率はあいかわらず50~60%あたりをウロウロしております。

そーんなある日、弾を買いにいつもの銃砲店に行って見ると、あるポスターが、

2008Middle.jpg

社団法人 日本猟用資材工業会主催の、
『中級者 射撃研修会』とあります。
ん? 中級者? さすけはまだ初心者のレベルですけど?
クレーの的中率が、50~60% おぉ!ぴったりジャン!!

昼食、2ラウンドの実射が付いて、1000円!?

「あの~ そこに張ってある、射撃研修会っての、まだ空いてますかね~?」
「空いてれば、参加したいのですが・・・」




 

と、いうことで、2008年10月25日 中級者 射撃研修会にいってきました(^^♪

 ↓ 社団法人 日本猟用資材工業会主催のHPです。詳しくはこちらへ
http://www.saama-japan.com/

当日の朝、普段では絶対にないのですが、5時に目が覚めてしまいます。
(起きる予定は6時でしたが・・・)

いそいそと、準備を行い、ちょっと早いと思いましたが、6時半に家を出ます。
開催場所は、愛知県総合射撃場です。
土曜日のため道は空いてて、順調に走り、現地に8時10分着、
たしか、開始は9時半・・・ まっいっか・・・ と、車の中で一眠り。

9時近くになると、参加の皆さんが集まってきます。 早速受け付けを済ませると
ゼッケンを渡されます。

ゼッケンをつけての射撃なんて初めてだなー なんて考えながら、会議室に入ります。

会議室のテーブルの上には、講義用の資料が並んでます。
まず最初は、講義から始まるようです。

IMG_0024.jpg

まだ開始時間までは少しありましたが、それまでの時間、
パソコンと、プロジェクターで、前日の北京オリンピックのトラップ決勝の
様子を映してくれます、
IMG_0025.jpg

ちなみに、手前に写ってる銃は、講義に使う 模擬銃ですからね。

定刻少し前には、さすけの同僚のS氏も到着です(無理やりさすけが誘いました)
そして、本日の参加者20名がそろった所で 研修会の始まりです。



まずは、主催者さんのご挨拶、日本猟用資材工業会主催の専務さんです。

そして。本日の講師さんより、はじめは「猟銃所持者の社会的責任について」
例の佐世保の事件がありましたので、とーぜんですね、
まぁ、こういう研修会に参加される前向きな方々は、大丈夫と思いますが、重要なことです。

そして、いよいよ講義の開始です。
で、テキストを開くと・・・
IMG_0047.jpg


あの~ ・・・

・・・  

文字ばっかりなんですけど・・・

もうちょっと、絵とかあると理解しやいのですが、できれば漫画なんかで・・・

えっ!? やっぱりダメですか?  そーですか そーですよね


しかし、講師の方がも身振り手振りで 丁寧に教えてくれますので、
意外とわかりやすかったですけどね。

講義の内容は、
命中の基礎理論から始まり、理想の射撃銃について、銃床の形、
グリップや肩付け頬付け等の射撃姿勢の基本等
さすけの知りたかった、基礎事項のオンパレードです。

とくに、講師の方は、スイング時の手撃ちと、腰の回転を強調されます。
このあと、実射があるので、その内容を、必死に頭にた叩き込んでいきます。

1時間半の学科?講習でしたが、皆さん真剣に聞いていました。



そして、時刻も11時近くになり、いよいよ実射講習の始まりです。
IMG_0044.jpg
A射面での射撃です。朝A面を確認したところ、ISSF(公式)の文字があったような・・・

まずは、講師の方がそれぞれの射撃を見るために、自由に(いつものように)撃ちます。

さすけは、5番射台です、持ってきたカメラをS氏に手渡し、撮影を依頼して
いつものように、『借金・貯金』射法(心の持ち方~) で撃ちます。

以前の記事にリンク → http://sasukechin.blog.so-net.ne.jp/2008-09-22

先ほどの講義の内容を実践しようと思い出しながらですが、
この時点で講習時に聞いた内容の70%は頭から蒸発してまつ・・・

1ターン目、いきなり2枚外し、借金1  2ターン目、何とか4枚中て、借金1のまま、
3ターン目、ここも4枚中て、借金1のまま  4ターン目、5枚すべて中て、借金を返し±0
ここまでは、ほぼいつもどおりです。

ところが、5ターン目、20点を意識してしまって・・・  えっーと、中ったのが1枚のみ・・・

ははは・・・ どんなもんだい!! (←意味不明)


で、結局17点  そのあと、講師の方のお話です。

「5番の方(さすけのこと) 右と左はどっちか苦手ですかね?」

「えーっと、最近は左の速いクレーが当たりません・・・」 ホントは最近でなく元々なんですけどね

「そーですよね、右は割合腰で回転してますが、左は全然腰が回ってませんね~」

「どんなに速いクレーでもねキッチリ腰でスイングすれば、直ぐに銃はクレーに追いつきますから
大丈夫ですよ」

 ↓ 腰の全然回ってない、さすけの図です。
IMG_0034.jpg


「それと、皆さんに言える事なんですが、クレーが出てから慌てて追っかけるのでなく、もう少し
タメを作った方が良いでしょう、タメを作ってという意味は、出たクレーの飛行線を良く見て、理解
することです、クレーはそれぞれ角度だけでなく、高さも見た目の早さも違いますから、よく見て
その軌跡をまっすぐ追っかけるようにしましょう。  速いクレーでも、腰のスイングが出来ていれば
直ぐに追いつきますので、全然慌てる必要はないのですよ。」

「特に、5番の方、外す時は、まっすぐにクレーの軌跡を追えずに、山なりに追ってましたね」

つまり、こんなことですか、
山なりスイング.jpg

右に出た事だけで直ぐにスイングを始るが、途中でスイングが高すぎることに気付き
低く修正するも、クレーに追いつく頃には、低くなりすぎ、下を撃ってしまう・・・


講師: 「次は、腰でのスイングと、タメを意識して打ってみましょうね」
ってことになりました。

今回は、20名の参加ですので、4組です。

残り、3組の射撃を、講師の方の隣で食い入るように見ます。
皆さんの射撃を、講師の解説付きで見ますと、いろいろ勉強になります。

やっぱり、タメの少ない方が多いようです、また、腰でのスイングも・・・
中でも、しっかり見て撃っている方が約1名、スイングもしっかりしてるなーと思ったら
やっぱり、23点 中級者研修会なのに、上級者の方が混じっているようですね(笑)

しかし、良い見本として、さすけレベルの方々との違いを見比べることが出来ました。


そして、2ラウンド目、
腰でのスイングと、タメを意識して打ってみます。
とりあえず、『借金・貯金』射法は行いますが・・・

1ターン目、いきなり3枚はずして、借金2  2ターン目・・・

えぇーっと・・・

・・

さすけ銀行は 2ターンめで破綻してしまいますた・・・

慣れないことを考えて撃ったためでしょうか、それとも最近の世界金融危機のせいでしょうか・・

10枚撃って、割れたのが 3枚・・・

その後、点数は一切考えずに(えぇ、考えてもむだですから)、
タメと腰を意識して、1射1射丁寧に撃ちます。

しかし、腰のスイングを意識しすぎが、銃があっという間にクレーを追い越してしまい、
初矢を外して2の矢を撃とうとすると、銃口ははるか前、2の矢が引けないことが何度かありました。

しかし、なんとなく、銃のスイングが速いクレーにも付いていけるような気がしてきました。

あっというまに、2ラウンドが終わってしまいましたが、まだまだ納得できる射撃ではありません。


講師の方のお話を聞いた後、昼食のお弁当を頂きますが、まだ悶々とした気持ちです。
研修会の全員が撃ち終わって、研修会が終了するのを待ちます。

そして、受付にて、撃ち返しの射票をもらい、もう一度ラウンドします。

研修会を終えた方たちも何名か残って 一緒に撃ちます。

ちょうど、右のクレーを数枚撃った後でしょうか、後から声をかけてもらいます、
見ると、刈谷の浦野銃砲釣具店の浦野さんです。

どーも、右にスイングした時に、体が右後にスエーしているようです。
自分でもなんとなく解っていたのですが、どうしたら直るのか解りませんでした。
また、ストレートが中るときと、外すときのフォームに違いがあることも教えていただきます。

構えたときの体の向きを若干修正してもらいます、(浦野さんは、射撃指導員の資格を持ってます)


そして、ラウンド終了後、スイングの軸の作り方、特に、右スエーを起こさない方法
レクチャーを頂きます。

言葉では、うまく言い表せないのですが なんとなく解ったような気がします。
(実射で出来るかどうかは別)

また、銃を構えたときの顔の向き、体の向きの良い点や悪い点も教えてもらいます。

そして、最後の1ラウンド、先程教えていただいた、軸の作り方、特に右スイングのスエーを
意識して撃ちます。

すると、12枚目まで順調に中ります、その後ポツポツ外しましたが、
なんか、楽に撃てたように思えました。(右のクレーを外したのは1枚だけ)
なんたって、あれだけ苦手だった左右の低く速いクレーに付いていけた気がします。

いままで、どうしたら良いのか解らなかった、スエーもしなくなったと思います。



で、もっと撃ちたかったのですが、時間が午後4時になり 終了です、
(翌日は、愛知7次公式が入ってましたので、クレーのセットを直すため)

結局全部で4ラウンド 点数は普通でしたが、
点数じゃないいろいろなことが覚えられた 研修会だったと思いますね。

研修会講師の方、そして浦野銃砲店の浦野さん、ホントにいろいろありがとうございました。
いままで、疑問に思ってたことがも少しは解消できた気がします。


今回、初めてこういった研修会に参加しましたが、とても充実した1日だったと思います。
一般的には、なかなか射撃指導を受けることの少ない人たちが多いと思います。

今後も、こういった研修会をどんどん開いていただいて、射撃を楽しめる人たちが
沢山増えていけばいいと思いますね(^^♪

えぇ、特に、クレー射撃界の底辺は、さすけが ずーっと支えてますから、ご心配なく!!
( ↑ 記事の出だしと、言ってる事がちがうゾ・・・)

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。。。
にほんブログ村ランキングに参加してます。
下のバナーをポチッとしていただくと、やる気が出ます!
↓ ↓ ボチッとな
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

猟銃用火薬類譲受許可の申請 [射撃]

えぇーっと・・・

最近、さらにネタ不足の さすけでございます。

なので。記事の更新もままならず・・・


と、いうことで、久しぶりの記事ですが、

いってきました、猟銃用火薬類譲受許可の申請。

先日、弾の許可がきれますた、したがって新たに許可を取らないと、装弾の購入が出来ません。
昨年末の、例の事件以来、銃の所持・弾の許可等が厳しくなったと聞いてます。

まずは、所轄警察署の担当者殿に電話を入れて、必要書類の確認をします。

さ : 「あのー、散弾銃の弾の許可の申請をしたいのですが、なんか新しい書類がいるのですよね?」

担 : 「えぇ、弾の使用計画を書面で出していただいてます」

さ : 「それはどんな書式ですか?」

担 : 「えっーと、こちらに用紙がありますし、銃砲店さんにも有ると思いますよ」

さ : 「わかりました。許可の期間は1年もらえるのですよね?」
←とりあえず言ってみる

担 : 「いえ、使用計画書を確認してからですが、期間は最長半年でお願いしております」

さ : 「許可の数は? 今までは5000発もらってましたが・・・」
←コレも、とりあえず言ってみる

担 : 「同じく、使用計画書を確認してから、こちらで適正と判断した数になりますが、」

担 : 「今まで、1年5000発なら、今後は半年2000発位ですかね」


なーんて、やりとりになりました。


さ : 「でも、申請手数料も変わらないし、費用も回数も倍になるなんておかしくないっすか?」

とは、とても言えず、 

結局、「はい、わかりました・・・」と、言うことになりました。



で、いつもの銃砲店さんで、使用実績計画書の白紙と、記入見本をいただき、

パソコンで、チマチマと作成しました。

 ↓ こんな感じの書類です。(火薬類消費計画書)
火薬類消費計画書.jpg
まあ、ここ1~2ヶ月位の予定はわかりますが、それ先以上だとよくわかりません。
あくまで、予定の計画ってことで作製してあります、でも、最低これくらいは撃たなきゃね。

注 : この書式は、各県警で若干違うようなので、参考程度にしてください。
   詳しくは、担当所轄の警察さんに聞いてくださいね。

それと、今までの、猟銃用火薬類等譲受許可申請書です。
猟銃用火薬類等譲受許可申請書.jpg

で、上記書類を印刷し、許可書をもって所轄の警察へ、
一抹の期待をこめて、譲受期間の終期は未記入で行きましたが・・・

担当殿に書類を出したら、すかさず「期間は半年ねっ」て・・・

はいはい、わかってますよー(-ω-)/

現在、家で保管している残弾の数は聞かれましたが、問題なし。

購入数と、使用予定数をチャッチャと確認してもらい、
「許可数は2000発でいいねって」ことになりますた。

で、その他は特に何もなく、無事終了です。

一応、猟銃用火薬類取扱状況表や、射撃場のスコアーカードも持っていきましたが、
そちらの確認は ありませんでした。


で、ほんの10分ほどで意外なほどあっさり終了、
一部、記入時に さすけの名前を書き間違えたようですが、まぁいつもの事なのでね・・・

 ↓ いただいた許可書です。
譲り受け許可書.JPG


これで、新たに弾の購入が出来ます。

先日の、アポロ大会でいただいた、装弾券もありますし、早速買いに行きますか。



ところで・・・

うわさの、「1日の譲受数量は800発以下とする」という表記がありませんが、
大丈夫でしょうか?

記入忘れってことはないですよね・・・

あっ!? そーか!! 
「どー見ても こいつは、1日に800発も買う金もってねーぞ 」
って、ことなんでしょうね・・・(-ω-)/

大丈夫! マヂで、そんな数は買えませんから!!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。。。
にほんブログ村ランキングに参加してます。
下のバナーをポチッとしていただくと、やる気が出ます!
↓ ↓ ボチッとな
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る