So-net無料ブログ作成
検索選択

猟銃用火薬類譲受許可 [射撃]

花粉のシーズンもいよいよ終わろうとしております。
今年のこの地方の花粉は昨年に比べ3倍位だったとか・・・

特に、例年になくヒノキ花粉が多く飛んでましたね、
高級志向のさすけは、スギ花粉より ヒノキ花粉に敏感です。


今年の花粉症は 今までになく ひどかったですね、
涙目、鼻水、くしゃみ、 スギ花粉症の人たちが治っていく中、ひとり最後まで
ぐしゅぐしゅしておりました。。。

と、いう事で、いよいよさすけにも、射撃シーズンの到来です(^^♪

ところが、半年前に頂いた、猟銃用火薬類譲受許可が・・・

前回、許可もらってから半年たってますので、とーぜん期限切れです。。。

前回の記事 ↓
http://sasukechin.blog.so-net.ne.jp/2008-10-17



そして、ゴールデンウイーク中に、
お世話になってる銃砲店さんの、恒例の『OSC 射撃親睦会』があるので
急いで、猟銃用火薬類譲受許可(弾の許可)を更新せねばなりません。

昨年の『OSC 射撃親睦会』の記事です ↓
http://sasukechin.blog.so-net.ne.jp/2008-05-06



しかし、ちょっと心配だったのは、前回の弾の許可、2000発もらったのに、
なんか いろいろあって 購入数は、770発、

こんな調子だと、今回の弾の許可は、800発って事になっちゃうかも。。。。


まぁ、心配しててもしょーがないので、とりあえず、
所轄の担当者殿に 電話で確認いたします。

さすけ 「猟銃用火薬類譲受許可の更新をしたいのですが、1年は出ないですよね」

と、とりあえず 期間について聞いてみます。


担当者殿 「許可数が800発までなら、1年出せますけど・・・」

さすけ 「ギ、ギク! あ、あの、今回はいろいろ忙しくってあまり撃ててませんが・・・」
     「800発は、ちょっと半端なもので・・・ 弾は250発単位で買ってますし・・・」

担 「自宅保管の最大数は800発ですからね、その点は大丈夫ですか?」

さ 「も、も、もちろん ダイジョウブデス・・・
  そんなに買えるほど おこずかいありませんし アセアセ (・_・;)」


えぇっーっと なんか自爆してしまった感じです。。。


で、なんとか、話を戻し、試しに、1000発/1年の許可が出ないか聞きましたが、
1年間の許可が出るのは、やっぱり 800発までだそうです。

そして、今回の許可数は、
やっぱり、弾の消費計画書を見て判断しますって 事になりました。


で、前回使用した、消費計画書の計画欄を打ちなおし、プリントします。

 ↓ 火薬類消費計画書
火薬類消費計画書09.04.jpg

いろいろ計画を練っていると、ミロクや、アポロの射撃大会にも出たいし、
その前に、ちょっと練習もしなくちゃいけないし、やっぱり半年で2000発って
感じの計画になってしまいましたね。

注 : この書式は、各県警で若干違うようなので、参考程度にしてください。
    詳しくは、担当所轄の警察さんに聞
いてくださいね


そして、いつもどおりに、猟銃用火薬類譲受許可申請書を2枚印刷し、
猟銃用火薬類譲受許可申請書09.04.jpg

書類関係の準備完了です。

申請手数料の2400円が財布の中にあることを確認し、
パソコンで印刷した書類関係を予備も含め 用意して、
一応、撃っている事を証明するため射撃のスコアーカードも準備して
準備万端、 所轄の警察署に出かけます。

さすけの所轄の警察署は、駐車場が狭く、いつも満車です。
また、手数料の県証紙を購入する窓口はもいつも自動車免許の更新の
人たちで混んでます。

すぐ隣の市役所の駐車場は、結構空きがあったりしますので、
そちらに車を止め、そのままでは無断駐車で怒られるので、市役所の窓口で、
県証紙を購入し、駐車券をもらいます。

これで、すべての準備が完了、徒歩で警察署に向かいますが・・・


・ ・ ・


・ ・



あ、あれ??

所持許可書 もってきたっけ・・・ !?

わ、わすれてる・・・!


相変わらず、とん馬な さすけでございます。。。

 

市役所の駐車場を出て、家まで往復40分、余分な時間をかけてしまいました。
しかし、忘れたのが、射撃に行く時でなくてよかったけど・・・
(射撃に行く時は車に乗ってから、弾と銃と許可書の確認はいつもしてますよ)


で、結局、警察の駐車場にて順番待ちをし、車を止め、担当者殿の所まで行きます。

その後は、無事、問題なく 前回同様、2000発/半年 の許可が出ました。

その足で、いつもの銃砲店さんにて、250発購入します。



これて、GW中の『OSC 射撃親睦会』も、準備完了です。
今回は、トラップ・スキート 各1面 1日貸切との事、

久しぶりの射撃ですので、とーっても楽しみにしております。

でも・・・  中るかな??

最後まで読んでいただいてありがとうございます。。。
にほんブログ村ランキングに参加してます。
下のバナーをポチッとしていただくと、
キャンピカグカーや射撃、バイクの
人気ランキング上位のブログ
に行くことができます(笑)
それに、さすけも嬉しいです(^^♪

↓ ↓ ボチッとな
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ
にほんブログ村

涙の昇段審査『感動の5人連続組手』 [「Cちゃん」の大会記録]

すでにご存知の方も多いと思いますが、さすけの長女「Cちやん」は、空手を習ってます。
空手道輪道会 武神 佐藤道場で、フルコンタクトの空手です。

1級の資格をとってすでに1年以上鍛錬を続けてきました。

そして、いよいよ初段の昇段審査、 あこがれの黒帯への挑戦です。
黒帯とは、空手を始めた者が、最初にあこがれ、最初に目指す、栄誉なのです。


2009年4月19日 場所は佐藤道場の本部道場です。
IMG_0948.jpg


輪道会 武神 佐藤道場

昇段審査を受ける資格は、
1級合格後、1年以上黒帯目指して稽古に励んできた者のみです。

今回は、Cちゃんを含む7名の拳士がチャレンジします。


審査の内容は、
基本動作、連続動作、型(11種目)、拳立て100回、腹筋100回と、
最大の難関『5人連続組手!』です。

以上をすべてやりぬき、
師範がその資格が有ると認めた者のみ合格です。

まず最初に全員で黙想、挨拶した後に審査が始まります。


全員での、基本動作、連続動作を行った後、

2名づつ、師範の前で、の審査を受けます。

数ある空手の型の内、審査を受ける型は、直前までわかりません、
直前になって、師範より、行う型が指示されます、したがって、すべての型を
完全に習得しておかなければなりません。

20090419132017(1).jpg

1つの型が終わった後、師範より厳しい指摘が飛びます。

そして、次の型の指示、その繰り返しです。

全員が緊張してます。空気がピリピリしている感じです。


無事、型の審査も終わり、次は、基本体力の審査、

腹筋100回、すぐに、拳立て100回です。

20090419140739(1).jpg

20090419140739(2).jpg

Cちゃんも、なんとか100回やりぬきます。

しかし、すでに腕はガクガク、腹筋は笑っている状態です。。。


そして、
いよいよ『5人連続組手』です、

この、『5人連続組手』は、師範が指名した受け手5人に対し、
1人1分間の対戦を連続して5人行うものです。

Cちやんの相手に指名されたのは、
1人目、Cちゃんと同じ1級の男子高校生拳士、
2人目、同じく今回昇段審査を受ける先輩拳士、
3人目、4人目は、黒帯の先輩拳士、

相手はすべて本気モード、勝ちに行く試合をするよう指示されています。

そして、最後5人目は、師範自身が受け手を行ってくれます。




最初の1人目、同じ1級とはいえ、男子高校生、最近メキメキ腕を上げてきた拳士です。
とーぜん、体力もスピードも、Cちゃんより上です。

20090419152130(3).jpg


開始と同時に、強いローキックを受けてしまい、倒れてしまいます。
20090419152130(10).jpg

このとき、先日痛めた腰に、再び激痛が走ったそうです。

しかし、Cちゃんも負けてはいません、
時々、いいミドルやハイキックが入ります。
20090419152130(1).jpg

20090419152130(2).jpg

なんとか、1人目をやりきります。

そして、10秒後、
2人目との対戦です、

Cちゃんと同じ、1級ですが、身長差が20cm近くもあるでしょうか、
いつも大会で、上位入賞を果たしている先輩拳士です。
強烈なローキックをもらってしまい、腰の痛みもあって、足が止まってしまいます。

20090419152130(11).jpg

しかし、それでも負けてはいません、必死になって食い下がります。
そして、なんとか、1分間を戦いきります。

すぐに、3人目、
いよいよ、黒帯の男子拳士との対戦です。

さすが黒帯、開始早々 強烈な中段下突きをボディーに食らってしまいます、
20090419152130(5).jpg

その後もボディーの連打、全く勝負にはなりません、
かなり効いているようで、思わず うめき声がでてしまいます、


しかし、少しでも下がろうものなら。師範よりが飛びます。

引くな!! 攻めろ!!

周りで見ている人たちからも声援が飛びます、
ガンバレ!! 気合入れて!! 攻めろ!!

押されながらも、必死に手を出し続けます。
ここで諦めてしまっては、黒帯はありません。

「折れそうな心」を必死に立て直します。

みんなの声援
も背中を支えてくれます。


なんとか、立ち続け、攻め続け、1分間戦いきりました。


そして、10秒後には4人目の対戦、
今回も、黒帯の先輩拳士です。

すでにCちゃんは息も絶え絶え状態、限界にきている様子です。

今までにこんな状態は見たことも有りません。

しかし、組手は無情にも続きます、
黒帯を締めるって事は、本当に厳しいことです。

開始早々、強烈な突きをもらって、さがってしまいます、
さっそく、師範よりが飛びます。

一緒やぞ、ここで辞めとったら!! 
何の為にここまで やったきたんや??


Cちゃんは、戦いながら、それでも返事をします 「押忍!」

辞めるのはいつでもできるぞ! おい!!
「押忍!」

手を出せ!!
「押忍!」

強烈な膝が入ってしまいます。
20090419152130(8).jpg

思わず下がってしまう Cちゃん

受け手の拳士も、 さあコイ!!と、気合を入れてくれます。

必死に食い下がる Cちゃん、
相手の拳士も容赦はしません、真剣勝負です。

Cちゃんは果敢にも上段蹴りを出しますが、あっさりかわされます
限界のCちゃんは、バランスを保てず、倒れてしまいます。

残り30秒、再び師範より激!

勝ちに行ってとるんやぞ 黒帯は!!

「押忍!」

勝ちにいっとるんか それで??

押忍!」

まわりの人たちは、声援を送るのも忘れて、固唾を呑んで見守る状態です。。。

残り、15秒、

まわりより、
ラッシュ!ラッシュ!!
と声がかかります。

最後の力を振り絞って、ローキックを出します、
もう一丁!! いい感じのローキックが出ます。

そして、なんとか1分が終了です。



最後に、いよいよ師範との組手です。

ほぼ15秒ちょっとのインターバルの後、すぐに開始です。

Cちゃんの意気込みを、師範自身が体で受け止めて確認してくれます。

残り1分!!
最後だガンバレCちゃん!!



お願いします 師範、 お願いします!!

といって、組手に挑むCちゃん。すでに泣き声になってます。

「絶対 黒帯を勝ち取るんだ!!」

という気持ちを、必死に師範にぶつけるCちゃん

真剣に相手をしてくれる師範、

とーぜん実力のすべては出していませんが、それでも容赦ない攻撃、
20090419152130(9).jpg

すでに立っているだけでも精一杯の状態なのに、気力だけで攻めていきます。

それを体全体で受け止めてくれる師範。

残り30秒、周りからも必死の声援が飛びます。

いけー! 手を出せ!! 勝ちに行けー!!

いけー! とりにいけー!!


残り15秒、人が変わったように攻め続けます。

ダァー!! ア゛ー!! 

悲鳴に近いような声を出して最後まで攻め続けるCちゃん

そして、

なんとか、『5人連続組手』の終了です。


終了後、師範に 頭をポンポンとたたかれ、よくやったと褒められるCちゃん
20090419152130(6).jpg

まわりの方からも、拍手喝采!


その後、その場に倒れこんで、道場の隅まではって行き、20分間は動けませんでした。


しかし、凄い組手でした。

さすけも、まさかこんな組手が出来るとは、まったく驚きました。

そうまでしてとる 黒帯の重さにも・・・


そして、記事には書いてませんが、
他の6名の『5人連続組手』も、それはそれは、壮絶でした。

師範のブログにあるとおり、
本当に、すべの組手が、『感動の5人連続組手』でした。

そして、その組手に感動して、涙するお母さんたち。。。

 

20分ほど休憩した後、最後の試験? デモンストレーションでしょうか、

1cm厚の板、3枚を使った 試割り、一気に3枚の板を正拳で割ります。
Cちゃん 板割り.jpg


まだ、半べそ状態でしたが見事、貫きました。
体重の乗った、いいパンチでした。



そして20分後、昇段審査の結果発表です。


結果は、


見事、合格です。

ホントよく頑張りましたね

他の6名の方たちも、見事合格でした。

皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして、黒帯、おめでとうございます。




今回の記事は、すべて写真での紹介です。
昇段審査は、今まで残念ながら不合格になった人や、今後受ける人たちがいます。
その人たちに、不公平のないように、審査内容の動画でのアップはいたしません。

なにとぞ、ご了承くださいね(^^♪

 

そして最後に、Cちゃんが言ってました、

空手やっててよかった!

佐藤道場でよかった!!

頑張って練習してて、ホントよかった!!



PS.
近隣にお住まいの皆さん、

空手やるから、やっぱり佐藤道場です(^^♪

国道155号線から見える、この看板が目印です。
IMG_0949.jpg

佐藤道場のホームページです ↓↓
http://www.satoudojo.com/

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。。。
にほんブログ村ランキングに参加してます。
下のバナーをポチッとしていただくと、
キャンピカグカーや射撃、バイクの
人気ランキング上位のブログ
に行くことができます(笑)
それに、さすけも嬉しいです(^^♪

↓ ↓ ボチッとな
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ
にほんブログ村

バイクのユーザー車検 《受検編》 [バイク]

第二段階 《受検編》


バイク(XJR400R)の事前整備を完了し、
いよいよユーザー車検の受検です。

ただ、その前にちょっとした準備が必要です。

まずは、受検の予約、
車検場は、当日に直接行っても車検は受けることが出来ません、
必ず、事前の予約して、予約番号をとっておく必要があります。

予約の方法は、電話か、インターネットで予約することが出来ます。
さすけは、インターネットで予約しました。

 ↓ 国土交通省の自動車検査インターネット予約システムです。
http://www.kensayoyaku.mlit.go.jp/CarAnswer/app

日本全国の車検場の予約が簡単に出来ます。
特に、ユーザー登録も必要なく、インターネット環境とEメールアドレスが
あれば可能です。

さすけは、地元の小牧自動車検査登録事務所にて予約しました。

小牧自動車検査登録事務所

 

そして、受検時に提出する書類、重量税印紙・手数料関係の印紙・証紙の準備、

書類関係は、当日 車検場での購入も可能ですが、さすけは、初めての為
下見に行った時に、購入したきました。また、その時に窓口でユーザー車検の
やり方を尋ねると、受検要領の書いてある1枚の用紙をくれました。
ユーザー車検の案内.jpg
 ↑ クリックで拡大画像あり

小牧の車検場は、北と南に事務所が2つあります、
書類は、南の事務所の⑦番窓口で購入です。
IMG_0835.jpg
 ↑ クリックで拡大画像あり

窓口で、「バイクのユーザー車検に必要な書類一式くださいな」というと、
一式そろえてくれます。 料金は一式で 50円。

隣の⑧窓口で、同じように、
「バイクのユーザー車検に必要な印紙類一式くださいな」といって、購入
重量税印紙5,000円  自動車検査登録印紙400円  自動車審査証紙1,300円
合計、6,750円です。

書類一式を家に帰って、じっくり読み、必要事項を記入して準備完了です。

また、自賠責保険の加入も必須です、車検場でも加入できますが、さすけは、
知り合いのところで加入しました。
期間は25ヶ月、 間違いなく当日の合格であれば 24ヶ月でも可能ですが、
金額が300円しか変わらないので、安全策で25ヶ月です。
料金は、13740円です。



そして、いよいよ受検当日です。

まずは、バイクを車検場に運ぶ手段、車検が切れているので、自走は出来ません。
このような時のために、臨時運行許可というものがあります。
いわゆる、『赤ナンバー』と、いうものです。

管轄の市役所で、許可書の発行と、赤ナンバーを貸し出してくれます。
さすけの管轄の市役所では、市民税課が窓口でした。料金は750円

で、借りてきたのがこれ ↓
IMG_0869.jpg
 ↑ クリックで拡大画像あり

そして、このナンバーをバイクに取り付けると、こんな感じ
IMG_0823.jpg

これで、事前準備はすべて完了です。


当日の予約は、午後1時からの 3ラウンドの予約です、
12時45分から受付開始ですので、お昼前にイエを出ます。
途中のスタンドでエアー調整を済ませ、30分ほどで到着です。
IMG_0826.jpg

場内の案内看板もあります。
IMG_0825.jpg
 ↑ クリックで拡大画像あり

そして、バイクを中に進め、事務所前の駐車場に止めます。
IMG_0828.jpg

書類一式をもって 事務所内に入ります。

書類一式は既に出来ているので、④番窓口に行きます。
この、④番窓口は、ユーザー車検専用の窓口のようです。
IMG_0833.jpg

ここで、書類一式をチェックしてもらい、初めてのユーザー車検と伝えると、
1コースにバイクを持っていって、順番に並んでくださいとの事、
係りの人がいるので、初めてと伝えると、やり方を教えてもらえるそうです。

で、こちらが1コース
IMG_0839.jpg

このラインを通して、いろいろ検査をします。

バイクを手前に止め、ライン内に見学に行きます、

ちょうど先頭にて待っているのがバイクでした、
ちょうどよいので、係りの人に言ってラインを通す様子を見せてもらいました。

そのラインの様子です、
フロントブレーキの制動力の測定
IMG_0852.jpg

リヤブレーキの制動力の測定
IMG_0854.jpg

ヘッドライトの照度、光軸の測定
IMG_0856.jpg


ライン内での、すべての行動は、係りの人がもマイクで指示してくれるので
思ったより、簡単そうです。

一通り要領もわかったので、いよいよ本番です。

1コース手前で並んでいると、係りの人が来て、事前チェック? を行います。

電気周りの点検、書類を見て、フレームナンバー等 同一性の確認、
そして、各部の締め付け状態(点検ハンマーでコンコンってやつ)


ところが、ここで問題が発生・・・
係りの人が、「フロントブレーキ掛けた時、ストップランプが点灯しないけど・・・」

え゛!? マジで!?  だって、昨日見たときはちゃんとついてたよ!!

係りの人 「でも、今つかなきゃね・・・」

まぁ、そりゃそうだ・・・

この後、どうすれば良いかを聞くと、

「とりあえず、このまますべての検査を受けてくださいね」
「その後、不具合箇所を修理して、再受検してください」

との事、

ちょっと、凹みつつも、ラインに入る順番を待ちます。

でも、リヤブレーキは点灯するので、玉切れではないです。
すると、考えられるのは、ストップランプスイッチか、配線の不具合、

とりあえず、すぐに見れるのは、コネクターの所位です。
ブレーキレパーのすぐ下に有るコネクターを外してみると・・・

結構汚れてます。

ん!? ここか??

ストップランプスイッチの端子を ゴシゴシ、ゴシゴシ・・・
配線を戻して、ブレーキレパーを握ると、

でんき キタ━q(゚∀゚)p━!!!!!!

無事、ストップランプ点灯!!
端子の接触不良だったようです。

慌てて、さっきの係りの人を呼びに行き、再度確認してもらい、
無事、確認印をもらいます。


そして、いよいよ検査ラインに進入です。
IMG_0857.jpg
 ↑ クリックで拡大画像あり


と、いう事で、ライン中の写真は撮れません・・・

しかし、マイクでの指示と、電光掲示盤のおかげで、何も迷わず
あっさり完了!!

心配してた、ヘッドライトの測定も 一発で〇です!

その後は、バイクをラインより出して、総合BOXなるところで最終確認を貰います。
IMG_0860.jpg


そして、書類をもって事務所に戻り、

最終の、③番窓口に書類を提出します。
IMG_0858.jpg

ほんの5分ほどで、新しい車検証と、ステッカーが交付され、
すべて完了です(^^♪

午後1時にスタートして、完了が、1時20分 かかった時間はほんの20分でした。

途中、ハプニングはありましたが、思ってたより、はるかに簡単でした。

そして、家に帰って、元々のナンバーに 新しいステッカーを張り、
ナンバーを取り付け、すべてが完了です。
IMG_0879.jpg


新しい車検証の有効期限は、↓
IMG_0863.jpg

とーぜんですが、きっちり2年有りますね(^^♪


当初、8万円超の見積もりでしたが、結構安く出来ましたね

計算すると、

用紙代 50円
重量税印紙 5,000円  
自動車検査登録印紙 400円  
自動車審査証紙 1,300円
自賠責保険料 13,740円


諸費用合計が、20,490円

臨時運行許可(赤ナンバー) 750円

使用した部品代が、
ブレーキパッド 3,980円×2
バッテリー 16,800円
イリジウムプラグ 1,350円×4
エンジンオイル 1,980円×2
廃油処理バック 294円


部品代合計が、34,414円 (部品代は、スペシャルプライスです)

で、トータル金額が、55,654円

今回、いろいろ部品を換えましたので、そこそこかかっちゃいましたが、
最初の見積もりよりも、3万円以上安く出来ましたね(^^♪

まぁ、自分でやるのだから、とーぜんですか、

そして、次回車検は、あまり距離乗らないので、オイル交換くらいで良いし、
たぶん25,000円位で出来ちゃいそうですね

バイクの、ある程度自分で整備の出来る方には、やっぱりお勧めですかね
このブログを見て、興味の湧いた人は、一度チャレンジしてみたらどうでしょう?

あくまでも、自己責任ですけどね。

あっ!? そうそう、車検切れで 赤ナンバー借りた人は、
市役所に返すの 忘れないでくださいね(^^♪

PS. 
ヒノキ花粉の舞い散る中、バイクで走ったので、この日の夜は、大変ですた(-ω-)/

 

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。。。
にほんブログ村ランキングに参加してます。
下のバナーをポチッとしていただくと、
キャンピカグカーや射撃、バイクの
人気ランキング上位のブログ
に行くことができます(笑)
それに、さすけも嬉しいです(^^♪

↓ ↓ ボチッとな
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ
にほんブログ村

バイクのユーザー車検 《整備編》 [バイク]

4月に入って、あちこちから桜の満開の便りが聞こえてきます、
いい季節になってきましたね~(^^♪

そろそろ、さすけも冬眠から覚めなくては・・・

しかし、今年は例年になく花粉症がひどくて、特にヒノキの花粉に敏感なさすけは
4月になっても、なかなか射撃場方面に足が向きませんね。。。

あと1ヶ月の我慢ですか、花粉の年季明けには、
バンバン撃って、バイクでブィブィ走りたいと思ってます。


ところが、射撃は良いのですが、さすけのバイク(XJR400R)、実はこんな状態でして・・・

IMG_0798.jpg

えぇーっと・・・
昨年の10月に、車検が切れちゃってます(-ω-)/
と、いう事で、車検を通さないと、バイクには乗れません。

実は。昨年の10月、購入したバイク屋さんに、車検の見積もりを頼んだら、
普通にやって、6万位、ブレーキバッドや、バッテリー、オイル交換、などなどあって、
なんか、8万円以上掛かる見積もりが。。。

は、はちまん!?、 そりゃ、タケーよ!!

と、いう事で、尻尾をまいて逃げ帰ってきました(-_-;)

しかし、なんとかせねば、バイクには乗れません。

と、いう事で、少しでも安く上げるため、
初めてのユーザー車検にチャレンジすることにしました(^^♪


第一段階 《整備編》

いくらユーザー車検で、安く上げても、きちんと整備出来てなくては意味がありません。
今後、2年間は 安心して乗れるようにする必要があります。

じつは、さすけの唯一の特技となりますけど、
国家検定2級の自動車整備士の免許を持っています。
まぁ、現場を離れて、もう何年にもなりますが・・・

と、いう事で、3月中旬から、徐々に準備を進めてきました。

まず、車検を受ける前には、定期点検を行う必要があります。
(受検後に整備を行う方法も可能ですが・・・)

まずは、バイクを引っ張りだし、各部を確認すると、
フロントブレーキは、磨耗限度ギリギリ  バッテリーは完全放電状態、
エンジンオイルは真っ黒け、ブレーキオイルも交換時期、
その他は、まぁ大丈夫みたいです。

そして、必要部品を取り揃えて、後日整備開始です。

まずはフロントブレーキパッドの交換。
↓ フロントブレーキはこんな感じです。
IMG_0771.jpg

ダブルディスクなので、これが左右についてます。
茶色のダストカバーを外して、パッドの残量を確認すると、残り1mm位ですか、
ほぼ、使用限度です。
IMG_0775.jpg

実際に、ブレーキパッドを取り外して、新品と比べて見ますと、
こんな感じです。
IMG_0780.jpg
 ↑ クリックで拡大画像あり

中古で購入したバイクですが、たぶん、新車から1度も交換してないのでしょう。

新しいブレーキパッドを取り付けるためには、飛び出してるピストンを引っ込める
必要があります、さすけは、知り合いから借りてきた、こんな工具を使います。
IMG_0781.jpg
 ↑ クリックで拡大画像あり

専用工具のない方は、ブレーキキャリパーを取り外して、大きいプライヤー等で
ピストンを引っ込める事も出来ます。
(取り付けたまま、ドライバー等でこじって引っ込めると、ディスクローターを変形
させてしまうので、注意が必要です。)

 ↓ こんな感じで、大丈夫でしょうか。
IMG_0782.jpg

ここで、1点 注意が必要な点ですが、
ピストンを戻すと、その分ブレーキオイルがマスターシリンダー側に戻りますので、
リザーブタンク内の余分なブレーキオイルを抜いていく必要があります。
それをしないと、オイルが溢れて、面倒なことになってしまいます。
IMG_0788.jpg
ブレーキオイルも、結構汚れてますね。
蓋を外してますので、ゴミ、埃が入らないように注意が必要です。


ブレーキキャリパーを取り付けて、新品のパッドを取り付けると、
こんな感じです。
IMG_0786.jpg
 ↑ クリックで拡大画像あり


その後、ピン、ダストカバーなど、必要部品を取り付けます。
そして、ブレーキを数回握り、ビストンを必要量出します、
これをしないと、ノーブレーキ状態になってしまうので、絶対必要です。

そして、反対側のブレーキも同様に取替え作業を行います。


次は、バッテリーの取替えです。

バッテリー自体はゴムバンドで止めてあるだけで、あとは+-の端子のボルトを
外すだけで簡単ですが、1点のみ注意点があります。

必ず、外す時は、-端子を先に外すこと、取り付けるときは、最後に-端子を
取り付けること。 フレーム側がアースなので、ショート防止の鉄則です。

あと、このバイクのバッテリー本体は、液が注入されてない状態ですので、
使用前に、バッテリー液を注入してから使用します。
 ↓ 新品を箱から出すと、
IMG_0790.jpg
 ↑ クリックで拡大画像あり

電解液の注入は、簡単です。
IMG_0791.jpg

電解液のタンクを上にブスッと挿すだけ。
その後、20分ほど放置したら、即使えます、基本的には初期充電の必要は
ありません。


お次は、スパークプラグの交換、
こちらもたぶん、新車時より無交換でしょう。
今回は、かねてより興味のあった、イリジウムプラグを選択します。

この、イリジウムプラグ、電極に希少金属のイリジウムを使用してまして、
0.2mmという細さの電極が特徴です。シリンダー内で、ガソリン混合気に
着火した時の、消炎作用が少なく、効率良い燃焼が出来て、トルクアップや、
燃費の向上が期待できるそうです。

新旧のプラグを比べると、
IMG_0797.jpg
 ↑ クリックで拡大画像あり

明かに、中心電極の太さが違いますね。

そして、スパークプラグの取り替え時の注意点としては、
シリンダーヘッド上には、ゴミや砂、小石が溜まっている子とがるので、
プラグを外す時に、それが中に入らないよう注意すること、出来れば、
途中までプラグを緩めた後、エアーを吹いて、ゴミ等を吹き飛ばせれば
よいですね。 さすけはパソコンを用のエアーダスタースプレーを使いました。

取り付け時は、プラグを、座金があたるまで、手でねじ込み、
締め付けの最後のみ、工具を使用すること。
最初から工具で締め付けると、シリンダーヘッドのねじ山を潰す可能性があります。

そして、油脂類の交換、
まずは、エンジンオイルですが、今回はこのオイルをチョイス。
IMG_0804.jpg

カストロールの部分合成オイル、バイクは空冷の為、15w-50を選択します。

ちなみに、古いオイルは、専用の廃油処理パックを使用して、適正に処理します。
IMG_0801.jpg



ブレーキオイルの交換は、このように、
IMG_0805.jpg

この作業だけは、一人では難しいので、さすけの長男D君に手伝ってもらいます。


交換作業は、大体このくらい。

その後、チェーンの給油とか、電気周りの点検等、
定期点検記録簿に基づいて、定期点検を行います。

ただ、タイヤの空気圧の調整だけは、さすけの家では出来ません。
後日、車検場にバイクを運ぶ時に、途中のガソリンスタンドでおこなう事にします。


すべての項目を点検し終えて、整備編はすべて終了です。
定期点検記録簿に記入し、完了です。

本当は、ここで、試運転を行いたいのですが、車検が切れているのでNG。
エンジンのかかり具合を確認するのみで、バイクを片付け、終了します。

おおよそ、ここまでで、作業開始より3時間強掛かりました。

あとは、車検場で、ユーザー車検を受けて完了予定です。


ちょっと記事が長くなってしまったので、その様子は、次の記事に続くという事で。

次回記事、バイクのユーザー車検 《受検編》につづきます(^^♪
IMG_0828.jpg

注意事項
自分自身でのバイクの整備は、すべて自己責任です。
このブログを見て、バイクを整備し、トラブルが発生しても、
さすけは一切関知いたしませんので、了承願いますね。<(_ _)>

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。。。
にほんブログ村ランキングに参加してます。
下のバナーをポチッとしていただくと、
キャンピカグカーや射撃、バイクの
人気ランキング上位のブログ
に行くことができます(笑)
それに、さすけも嬉しいです(^^♪

↓ ↓ ボチッとな
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ
にほんブログ村
メッセージを送る